看護協会 ナースバンク

どっちがいいの?看護協会ナースバンクと転職サイト

キャリアアップのために転職したい。待遇に不満がある。ブランクがあるけど再就職したい。でも転職活動って具体的にどうすればいいの……?転職・再就職の悩みを持つ看護師さんは多いと思います。

 

看護師の転職には主に、看護協会が運営する「ナースバンク」と民間企業が運営する各転職サイトが使われています。

 

ナースバンクとは各都道府県の看護協会が運営する職業紹介サービスで、例えるなら看護師専用のハローワークです。各都道府県に1つ都道府県ナースセンターがあり、各ナースセンターでナースバンク事業が行われています。
無料での職業紹介はもちろん、ブランクのある方向けに再就業支援研修や看護基礎技術研修、臨床研修を実施している病院の紹介、訪問看護師養成講習会などをすべて無料で実施しています。
その他にもナースセンターや電話での相談を受け付けています。職員は全員が看護職の資格を持っているため、家族や友達でもなかなか理解してもらえない看護師特有の悩みでもベテランの看護師である相談員になら安心して相談できるのではないでしょうか。

 

民間の転職サイトには様々なものがありますが、専任のキャリアコンサルタントがつき、無料の転職相談や職業紹介をしてもらうことができます。ナースバンクと大きく違うところは「ナースバンクでは見ることのできない非公開求人がある」「ナースバンクよりも細かく条件指定ができる」などがあります。就職・転職先が決まった場合に最大30万円の祝い金がもらえる転職サイトもあります。
また、キャリアコンサルタントは求人先との交渉も行なっているため、実際の現場の雰囲気や状況を聞いて応募先を決めることができるのも転職サイトのメリットです。

 

ナースバンクも転職サイトもインターネット上で利用することができるので、忙しく時間のない看護師さんでもわざわざ足を運ぶことなく仕事探しができます。
良い求人・良い職場を見つけるためには、何よりもまず多くの求人に触れることが大切です。ナースバンクや一つのサイトだけに絞るのではなく、複数のサイトに登録し、より多くの求人を紹介してもらえば自分にあった求人が見つかるのではないかと思います。

 

看護師の中でも、助産師や認定看護師などの資格を持っているのであれば、自分の条件にあった場所をこだわって探したいところです。インターネットを使えば、なかなかいい出しづらい給与面や待遇面等の情報もじっくり検討できるはずです。看護師求人ランキングがお勧めです。転職支援サイトの特徴が詳しく載っています。最終的に決めるのは自分ですから、後悔のないようにあきらめずに良い転職先を見つけていただきたいと思います。